Merce Deathは、通常のGIG以外にも様々な実験的プロジェクトを行っています。
このページでは過去に行われたそれらのプロジェクトを紹介します。
Merce Death is doing some experimental projects. Let's see below!




> See more detail
2008年5月を皮切りに、ロンドン、フィレンツェ、ニューヨーク等、世界6都市に向けて行ったオンラインワールドツアー(from 自宅)。Ustreamを使い、それぞれの現地のアフター5の時間帯に合わせてオンラインGIGを行うという内容。ヨーロッパから始まり、徐々に話題が高まったUSラウンドではUstreamのトップページにバナーが掲載され、最終的には2000人以上の観客が集まる。またこの現象に注目したUKのジャーナリストから取材の申し込みがあり、Creative Review等複数のUKベースのメディアに掲載される。ツアーTシャツも絶賛販売中w

This is the world tour (from my room) for 6 cities it's include London, Florence, NY, etc on MAY, 2008. I used the Ustream and did online GIGs at "After 5" of each cities. The tour was started from Europe and getting populer. In the US round, finally Merce Death's banner was on the top page of Ustream and got over 2000 people. After that some journalist from UK came to my house and interviewed. That interview was on some media it's include the Creative Review etc... And of course you can buy the tour T shirt : )





2008年12月、とある科学者とのコラボレーションにより、雷を人工的に発生させる装置『テスラコイル』と、ギターを接続しました。そしてその装置を使って音階を伴った雷を発生させるパフォーマンスを、所属しているワイデン・アンド・ケネディ トウキョウの10周年を記念して行われたギンザグラフィックギャラリーでの展示『OYKOT』のために行いました。このパフォーマンスのための実験YouTube動画は、各国のGIZMODEやCraked.com等にとりあげられ、20万ビューを越しています。
I connected my guitar to the tesla coil it can make lightning with my friend who is mad sientist. When I play a guitar, lightning appear with actual tone I played. The performance is for 10th annyversaly of the Wieden+Kennedy Tokyo it's called "OYKOT" at the Ginza Graphic Garally. The YouTube video for this expriment was picked up by the GIZMODE and the Craclked.com etc, and got over 200,000 view.
> See other videos





これは、複数のUstreamウィンドウを一つのhtmlに貼付け、同時にアクセスして演奏する事で、このページ自体をJAMバンドととらえる実験サイトです。ここで行われた実験の様子は、オンラインウェブマガジン『CBCNET』で連載型式でレポートされています。また、Super Deluxeで行われた、APMTのオープニングパーティにて、僕以外は全員自宅等から参加してもらうかたちでのGIGを行いました。
The site has many Ustream window from different people. We just connect on same timing and Jam. The report of this experiment is on the CBCNET with series. And also I had a GIG with the band on the SuperDeluxe. People joined to the gig from their house or somewhere they were there.
> See other videos      > Join to the band





CANONは、音と映像それぞれを『輪唱』させた実験映像です。重なり合った4つの映像は、ハーモニーを奏で始めますが、これらは実は一つの素材の開始時間を1小節分づつ遅らせているだけなのです。撮影の段階で、1小節ずつ遅れて音が再生された時の重なりをイメージしながら即興で演奏しています。

この考え方をさらに発展させたのがReal Time CANONです。これは、Max/MSPを使って制御しているプログラムで、僕が演奏しているところをカメラで撮影しながら、その映像を1小節、2小節・・と遅らせて表示する事でCANONでは映像の編集上で実現していた効果を、リアルタイムにパフォーマンスとして行う事ができます。
CANON is a kind of exprimental movie. I just play once, but put same videos 4 times and bit off the timing with one bar each. Then the sound will have harmony. And that play were improvisation.

I expand the idea and it's became Real Time CANON. We use a Max/MSP. When I play, the camera shoot me and the program makes a movie it's a bit off with one bar on real time. I can do the same thing of the YouTube movie on real time.
> See other videos





2006年、Sound and Recording誌主催で行われた、Cornelius Music Videoコンテスト出品作品。規定を大幅に逸脱した作品ながら、審査員である小山田氏、辻川氏から「ぶっちぎり」と称され優勝。
※出品時には「Re-mix 2.0」というタイトルでしたが、2.0という言葉が消費されすぎてちょっとアレだなと思い、作品名を変更しましたw。
In 2006, there was the "Cornelius music video contest" by Sound and Recording magazine. Our work is beyond their rule, however the judges(Keigo Oyamada, Kouichiro Tsujikawa) loves this work so much and we won.
The title was "Re-mix 2.0". But the word "2.0" was spent so much and we change the title.
> See the site