2011年の震災から数ヶ月後、我が家は博多に引っ越す事にしました。一方で引っ越した後も東京の会社(Wieden+Kennedy Tokyo)での仕事は続けていたので、必然的に福岡と東京をほぼ毎週行ったり来たりする事になりました。

飛行場の風景や、飛行機からの景色は日常とは違った美しさがあり、搭乗のたびにInstagramをするのが楽しみだったのですが、だんだん写真を撮るだけでは飽きたらなくなり、何かこの「やたらと飛行機に乗る状況」を活かした作品作りはできないだろうかと考え始めました。

東京から福岡は飛行機でおよそ2時間(電子機器を使用して良いのは1時間くらい?)。何ができるのかを考えた結果、まずは空の上で作曲をする事で、より空に似合った雰囲気の曲ができるかもしれないと考え、作曲を開始しました。曲の骨格ができたあたりで、せっかくだからこの曲に合わせたミュージックビデオを、この美しい空の景色を使って作る事はできないかと考え始め、ビデオの撮影、編集を同時並行で進めて行きました。

作曲、撮影、編集、カラー調整、全てiPhone4Sだけで行いました。もちろん飛行機の上だけで制作するというコンセプトからすれば、ラップトップPCでも構わなかったわけですが、どうせなら携帯だけでどこまでできるのか試してみたかったのと、その方が未来っぽいかもという理由から、自らに制約を設けました。

作曲はGarageBand。Apple Loopsは使わず、全ての楽器をiPhone上で演奏しています。
Several months after the 3.11 Earthquake in 2011, my family decided to relocate our home to Hakata from Tokyo. But I kept working for an agency (Wieden+Kennedy) in Tokyo after I moved, which led me to fly between Fukuoka and Tokyo almost every weekend.

The views and sceneries from the airplane window were always beautiful and extraordinary. I enjoyed taking pictures on Instagram on the plane. Soon after, I started to seek ways to use this unusual opportunity to be flying through the sky all the time to create something.

The flight between Tokyo to Fukuoka takes about 2 hours, and you are allowed to use your electronics for about an hour within that time. I came to a conclusion that if I can compose a music while I am in the air, I might be able to make a piece that is fit for the sky with a feeling of being in the air. While I was composing a piece on the plane, I thought of using this beautiful scenery from the airplane window to create a music video for the music. So I began shooting and editing the video simultaneously.

I used iPhone 4S for every process of creating this piece from composing music to shooting and editing the video, and even color correction. It seemed so futuristic for me to create something while I am flying in the air, using only my iPhone for the whole process.

I used GarageBand to compose the music. All of the musical instruments were played on my iPhone without Apple Loops.


撮影はiPhoneにデフォルトで搭載されているカメラアプリ。自作のケースを作り、それを窓に貼り付けて安定させています。
The video was shot with the default camera on my iPhone. I created a customized case to stick it directly onto the airplane window.
編集はiMovie。
Editing was done on iMovie.
カラー調整はMovieLooksというアプリで行いました。
Color grade was done on an app called MovieLooks.
※もちろん機内モードはONにしています。

作業は離陸すると開始され、着陸すると終了です。続きを作業したくてもぐっとこらえて、次のフライトまで待つのです。そんな作業工程をおよそ8ヶ月の間、50回以上のフライトを重ね、ようやく完成しました。

出来上がった音源はSoundCloudに、映像はYouTubeにそれぞれアップしました。いわゆる「Cloud」というやつです。空の上で作って、空の上(Cloud)にアップする事でこの作品はずっと空の上に居続ける事ができるのだと考えました。それがタイトルである「STILL IN THE SKY(未だ空に)」の所以です。

この作品を一人でも多くの方にご覧いただきたいと思っています。
また楽曲を気に入った方は、SoundCloudのインターフェイスからMP3をフリーでダウンロードできるのでぜひ!
*The “Airplane Mode” is turned ON throughout the time.

I started working on the piece in the plane after the takeoff, and stop when its landed. Even if I wanted to continue working on it, I patiently waited for the next flight. I continued this for over eight months while flying more than 50 times till this piece is completed.

The finalized music is uploaded on SoundCloud, and the movie is uploaded on YouTube. So it is al up in the “Cloud.” It is created in the sky, and uploaded onto the Cloud, so that this piece will stay up in the sky. This is where the title “Still in the Sky” came from.

I’d like this piece to be shared by as many people as possible. If you happen to like the track, you can download it from SoundCloud as MP3, so please enjoy.






余談1:
なぜ50フライト以上もの時間を要したのか?それはあまり計画性を持たずに進められたプロジェクトであるというのはもちろんですが、飛行機の座席の指定というのは、なかなか自分が思ったようにはいかない事が関係しています。窓側で撮影したかったのに、通路側になる事もしょっちゅうです。また、いざ編集をし始めてみると、映像の進む方向は統一した方が見やすい事に気づき、反対側の窓から撮影した映像素材は全て無駄になってしまいました。さらに編集を進めるにつれ、追加の映像素材を撮影する必要が生じ、時には曲自体の構成もいじったりなどしているうちに、気づいたら膨大な時間が経過していたというわけです。

余談2:
ある日CAさんに窓に貼り付けた状態のiPhoneケースを発見されました。その時点ではiPhoneは外されていて、その代わりケース上部には緑色の液体が入った並行を図るための器具がついていました。自分で言うのもなんですが、けっこう怪しい状態でしたw。

ケースを発見したCAさんがもう一人CAさんを呼んだところで質問されました。

CA「お客様、そちらは・・?」
私「iPhoneケースです。これを使うとiPhoneを使ってうまく撮影できるんです」
CA「なるほど・・。ではそちらの緑色の物体は・・?」
私「これで、並行を測るんです。こうすれば綺麗に並行に撮れるじゃないですか?」
CA(二人顔を見合わせて)「ああ〜なるほど!すごいですね!ね?」
CA2「ええ、本当ですね!では良い旅を!」
私「(いいのかwwww、なんにせよ良かった・・)」

という国内線ならではだと思われる平和なやり取りがありました。
でもそのおかげでこの作品があると思うとあのCAさん達には感謝せざるを得ません。
Digression 1
Why it took more than 50 flights to complete? It’s not only because it was a spontaneous project, but the seating for the plane is always very random. I wanted to sit by the window to shoot but I often end up in the aisle side. Once I started editing, I realized the scenery should run in one direction, so I had to shoot more. As I continue to play around with the music then by the time I realized I was flying so many times.


Digression 2
One day a cabin attendant found my iPhone case attached on the window. My iPhone was already detached though there was a clear case filled with green liquid on top of the case to measure the balance. I have to admit it looked very suspicious.

When the CA called another CA and I was questioned.

CA “Sir, what is that…?”
Me “This is an iPhone case. This makes it so easy to shoot with my iPhone.”
CA “I see… By the way what is the green liquid?”
Me “It helps me to level the balance. This helps me to shoot everything in balanced.”
CA (as looking at each others) “Oh I see. That’s really great, isn’t it?”
CA2 “Yes, that’s wonderful. I hope you have a good trip””
Me “(Really? Are you sure? Well, I am glad they let me go anyway.)”

The conversation was so typical of Japan I felt peaceful as always.
I was able to create this piece because of the cabin attendants. I must appreciate their kindness.